ジャック・アタリいわくディズニーランド的楽観主義

| コメント(17) | トラックバック(0)

庭にもっこうバラが咲きはじめました。とげが無い優しいバラです。写真を撮り終えて、出かけようとしたら、テレビで興味深い内容が放映されはじめました。時間が許す限り観て、車で移動し、約束を待つ間、車のテレビで最後の方をみました。途中が切れてしまい、しっかり見ていないので詳細は語れないのですが、フランスの経済学者ジャック・アタリに3時間かけてインタビューした特集番組でした。きちんと観られた方も多いと思います。

「ヨーロッパの最高の知性」と称されこれまでの世界的変化を予測し見事に的中させてきている彼が集大成として書き、ヨーロッパで大ベストセラーとなった著書「21世紀の歴史」に興味があり読むつもりでいたところでした。

番組の中でアタリはアメリカを「ディズニー的楽観主義」と定義付け、言うべき事を言わない、見るべき事を見なかったから今につながってしまった。世界の金融業者はとてつもなく危険な道を夜なかにライトも付けずに運転してきたようなもの。どんなに危険でもそれはしっかり見て運転すべきだった。ディズニー的楽観主義、アメリカンドリームは終焉を迎えたと言ってました。余りに高い資金効率を求められる社会構造の問題も指摘していました。

そのアタリが日本をどう予測するのか気になるところです。アタリは今までも日本にダメ出しをして来ましたが、「未来の人類から見た世界」というすごい帯が付いている著書「21世紀の歴史」の中でも相当厳しい評価のようです。でも、日本が危機とどう向き合うべきかの処方箋についても明確な意見を持って書いているようです。

アタリは、人類は最終的には自らの愚かしさに気づき、滅亡寸前に超民主主義に移行すると信じています。しかしそこにたどり着くまでにある超紛争。それがこれから起きると予測されているので、読むのはかなりきつそうです。でも、楽観主義では道は開けそうもないので、向き合うべく読んでみようと思い、「21世紀の歴史」を注文しました。

私は決して楽観主義論者では無く、アメリカ的じゃない。どちらかというとヨーロッパ的だと自分では思っていました。でも、見て見ぬ振りが楽と決め込んできたのも確かです。楽観主義を返上するってかなり厳しいことと再認識しました。

*********************************************************************************************************

★松本、安曇野、東京山王から喜ばれる贈り物パン、ラスク、スイーツをお届けします。

★美味しく食べてしあわせになれるパンがいっぱい ティンカーベルをご覧ください。→

**********************************************************************************************************  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tincarbell.com/blog/mt-tb.cgi/91

コメント(17)

こんばんは
アタリのこの数年の書の中で日本に関する項目で変わらないのは「日本は没落するであろう」という予測で、理由は今の日本を見事に言い当てているので、読むのが怖くなります。(没落してもそれがイコール不幸ではないと思ってますけれど)
ジャック・アタリは人類が良かれとおもって開発した技術や文化が人間にしっぺ返しをしていると言ってきました。ヨーロッパ復興開発銀行初台総裁の怪物経済学者アタリを私ごときが理解出来ないまでも、何か少しでも学び取る為に読んでみます。
最後に行き着くところは友愛。正に天地人が人類の救いであるのはアタリの説です。
今年の大河ドラマの裏付けも実はジャック・アタリなのです。
私、本屋の回し者ではございません。(^o^)/


ティンカーベルさん
こんばんは

単純に思った事が アメリカは歴史200年少しの国、

ヨーロッパ各国は数千年の歴史 
王様がいて貴族がいて庶民がいて 天地人なる王様は
民のため、民は王様のためという歴史を持っていると思います。
(塩尻市も同じ?)それが社会のルールに対し

アメリカは成り上がり主義、ルールなき戦いのなか
民主主義を讃えたものの 王様なる存在がいない、って事は
民をまもる人がいない、金持ちは自分の事を考え世界進出、
最近の投資家も自分の利益だけを求める、
これがこの度の世界大恐慌の元では無いかと思います。

やはり長年培った風習がヨーロッパ系の文化は地味に
見えますが、人々が幸せになれるルールがあったのかなと

「21世紀の歴史」なんか気になってきました♪

>あ、ティンクさん。読み終わったら、貸して頂けます?
 (自分で買え? ^^;)
了解しました。5月は間に合わないと思いますので、6月のzukudasにてお渡ししますね

こんばんわ。

日本の未来への警鐘。真摯に受け止めるべきだと思います。

でも、大丈夫。我々にはきっと乗り越える力があるはずだから。

 ですよね、溶射屋様♪

あ、ティンクさん。読み終わったら、貸して頂けます?
 (自分で買え? ^^;)

ありがとうございます。虫も付きにくく、とげもないのでとっても育てるのが楽な品種です。

こんばんはー
お冨さんスタッフK(おとこ)です。

かわいい黄色のバラですね~!

早業ですね。うちは今日届くと思います。
ありがとうなんて、もったいない。
ぜひ、感想お聞かせ下さい。

御忙しいなか、早速のご指導ありがとうございました。
調べて、行ってみます。
>とても素晴らしい未来予測と対処法を示されてたとしても
>日本人は事なかれ主義で、かつ、長いものにまかれろ主義だから
>官僚や既得権益者が潰すのでしょうね

納得してしまう悲し過ぎる現実です。これが性だとすれば、それを踏まえた道を行くしかありませんね。

 にんじんジュースのクニです。

アマゾンで注文しました。
読んだら感想を記事にしますね!

ありがとう。

にんじんジュースのクニです。

凄い本を読みますね~
どうなんだろう・・
読みたい気持ち半分・読みたくない気持ち半分

「注文してみます。」

こんにちは
==MTについて====
>>MTは私の場合、予約投稿できないままです。
 クーロンの設定がないのだと思います。
 
 予約投稿ができないのはクーロンというファイルがないから。


>コメントを入れてくれる方からも待ってる時間がかなり長い
 サーバの容量が少ないと思います。
 自分がそうでした。
 あとサーバがMy SQLでないと
 遅かったりするのではないでしょうか
============

とても素晴らしい未来予測と対処法を示されてたとしても
日本人は事なかれ主義で、かつ、長いものにまかれろ主義だから
官僚や既得権益者が潰すのでしょうね


こんにちは
そうですね。一日、本に没頭するってなかなかできませんね。
ジャック・アタリは明確な考えを持ち危機とどう向き合うかを打ち出しています。
だからこそ高い評価を得ているようです。
ナカシマさんの地元を愛するエネルギーに私はいつも感動してます。

ジャック・アタリは日本に対してかなり厳しいのですが、対処策もきちんと提示していました。厳しい言葉にをまずは傾聴すべきと素直に受け入れられるイメージを私は持ちました。溶射屋さんのおっしゃる通り、これからの歴史を私達が変えなくてはいけないという警鐘をならしているのだと思います。

こんにちは
おっしゃる通りだと思います。
どこまで予測し、想像しより良い策を立てるかですが、日本政府の場合、未だ動かずが一番困ります。
私個人は厳しい言葉に傾聴する姿勢をまずは取ろうと思いました。

ティンカーベルさん、おはようございます!
最近読書をする時間がないのでたまにはゆっくりとコーヒーを飲みながら本でも読みたいです^^;
「21世紀の歴史」はとてもおもしろい本のようですね^^;
でも危険だと警告されたのであれば絶対にそれを回避する方法も見つかるのではないかと思います^^
知識を増やし、その知識を活用するのが重要ですね^-^

ティンカーベルさん

おはようございます。

色んな予言者がいると思います・・・僕は悪いことばかり言う人は好きではありません。

「悪いことも起きるかもしれないけどこう言う方法をとったら回避できる」と言うような人が真の予言者ではないかと思います。

悪い事を言えば言うほどマスコミ受けする??

過去の歴史は変えることができないですがこれからの歴史は我々の手で変えることができるのではないでしょうか?

おはようございます

今ある問題は、今対応するべきですね
後回しにする事により、さらに大きな問題となります
私の生活や仕事も同じと思っています
「1つ1つ着実に」の考えです!!


コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Powered by Movable Type 4.23-ja