ダイエットと行動経済学の関係

| コメント(7) | トラックバック(0)

  久しぶりにテニスに行ったら体が重くて、動きが鈍いのを痛感しました。テニスは無酸素運動なのでやせません。散歩に出かけましたが、うちのわんこ、佇んでばかりいて歩いてくれません。

DW179_L.jpg

食べないのが一番の近道だとは、判っているのですが、、、。

景気が悪いから、対策の為なのでしょうか、「行動経済学」の入門書が目につきます。パラパラめくってみると(きちんと読む感性は残念ながら持ち合わせません) 人間は非合理的な行動を高い確率で行うような判断のバイアス(歪み)を持っていると書かれていました。

「判断のバイアス(歪み)」の影響って多大です。

ダイエットが何よりいい例です。日々カロリーを削減すれば良いのは承知です。いただいたとびきり美味しいケーキを2つも食べてしまわず、せめて1つにしておけば、お友達に「ランチバイキングのすごーく美味しい店見つけたから行こう」と誘われても断る勇気を持っていれば、今の満足は失う事になっても、遠い時点で達成されるダイエット成果は得らるはずです。判っているのです。

ここは、冷静になって、遠くにある大きな成果の為に、日々を我慢せよと自分に言い聞かせるしかありません。

ちなみに、行動経済学は、目下消費者が損を避ける為よりも、消費に余計なお金を使わせるために利用されているそうです。消費者のバイアスこそ、売り手利潤の源泉で、それはそのまま消費者の損を意味します。皆さんも御注意ください。

人は、しばしば、近い時点の効用を過大評価してしまします。私なんて正にその典型です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tincarbell.com/blog/mt-tb.cgi/156

コメント(7)

こんばんは。

難しいことはよくわかりませんが
日々の欲望を抑えることが出来ないぽてちよです。 ;;)
明日より今日のこのごはん!!
反省します。 ^^;)

ティンカーベルさん、こんばんは!
行動経済学、おもしろいですね^^
目先の効用をおってしまうというところがまったくもって私にぴったり(笑)
でも私も今減量中です^^;
遠くの目標で得られる効用を最大化できるようにがんばります♪

こんばんわ。

> 行動経済学は、目下消費者が損を避ける為よりも、・・・

う~ん。色々考えさせられますね~。


こんにちは

本当にダイエットは難しいです。私も同じです。
でも 健康だから其れが出来る 有難い事です。
食べたら 動くしかないなーと思います。

ティンカーベルさん

おはようございます。

今日のブログは哲学的ですね(^―^)

何が哲学なのか全くわかりませんが、文章を読んでいてそう感じました(∩.∩)

テンションが低い状態で投稿したのかな?

>ダイエットが何よりいい例です。日々カロリーを削減すれば良いのは承知です。いただいたとびきり美味しいケーキを2つも食べてしまわず、せめて1つにしておけば、お友達に「ランチバイキングのすごーく美味しい店見つけたから行こう」と誘われても断る勇気を持っていれば、今の満足は失う事になっても、遠い時点で達成されるダイエット成果は得らるはずです。判っているのです。

僕もそうなのですが「わかっちゃいるけどやめられない」んですよね(´・_・`)

>ちなみに、行動経済学は、目下消費者が損を避ける為よりも、消費に余計なお金を使わせるために利用されているそうです。

そうなんですか??  へぇ~!!!

>遠くにある大きな成果の為に、日々を我慢せよと自分に言い聞かせるしかありません。
う~ん、身にしみる一言です…。
美味しいものや友達との楽しい時間があってこそ頑張る私は、当分瘦せそうにありません…。困った。('A`)

ティンカーベルさん
こんばんは

やはり食べて運動するが一番ベストですね。
でも皆さんお忙しい人たちばかり、
周りには誘惑されそうな食べ物ばかり、
うぅぅぅ〜ん 難しいですね♪

展示会大盛況 おめでとうございました。
ブログアップ楽しみです♪

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Powered by Movable Type 4.23-ja