ティンカーベルの安曇野案内 2009夏 4

| コメント(21) | トラックバック(0)

池田町より槍ヶ岳皆さんのお言葉に甘えて引っ張らせていただきます。

アツムイ窯から見下ろす景色です。

  階段箪笥

上手く撮影出来ず残念ですが、私が一番心魅かれたコーナーです。壁面に、階段箪笥を埋め込んであります。これはこちら側では、収納の役割を果たし、壁向こうでは、お住まいの階段として利用なさっています。以前から所蔵なさっていた階段箪笥をここに活用したそうです。

大皿の席

伯母とお茶をいただきました。残念ながら、撮影用に欲しいお皿はイメージに合致せず、左手奥に写っているのと同じ急須と揃いの湯ざましと、ティンカーベル社員の誕生日プレゼント用に湯呑をいtただいてきました。

格子窓

格子窓を通すと、真夏の炎天下の日差しもこんなにやさしくなります。

蒼い花花を分けていただいて、おいとましました。また、お邪魔したい和の心に満たされた空間でした。森岡さんありがとうございました。

パン、ラスク、ベークド スイーツを 信州 安曇野 からお届けする ティンカーベル  

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tincarbell.com/blog/mt-tb.cgi/191

コメント(21)

こんばんは
>芸術家としての感性を高めるのに
役立ってるのかもしれませんね(*^_^*)
お見受けする限り、すべてが、制作の為のご様子でした。

にんじんジュースのクニです。


陶芸も素敵ですね~~
昔ながらの香りがするんだろうな~~

階段タンスの構造がきになるな~~

おはようございます。

置いてある作品がまた建物の雰囲気に合ってますよね。
陶芸家の方が住まわれるにはぴったりの感じです(*^^)v

こういった家に住んでること自体、
芸術家としての感性を高めるのに
役立ってるのかもしれませんね(*^_^*)

この、階段箪笥を見て、Shidaさんを思い出しました。

ありがとうございます。
もっと、上手ならいいのですが、、、。

写真が下手なうえに、生活空間は公開しては失礼なので、
判り難くてすみません。
目で見て、感動したままを写したいのですが、
なかなかその通りには行きません。

重厚で、威厳を感じる生活空間でした。

お待ちしてますね。
楽しみがあふれる位になればうれしいです。

ようこそおいで下さいました。
後ほど伺います。

本当に、魅力的な空間でした。

ありがとうございます。
そうしてみます。
焦ると、沢山撮って、どれか上手く撮れてるでしょ。
になっちゃいます。

慎三さん長旅になります。
御年の事も配慮しなくてはいけませんね。
アツムイ窯は
長野県北安曇郡池田町合染
電話 0261-62-6752
ホームページ等は持っていないとおっしゃっていました。
事前に予約した方がいいとおもいます。
慎三さんの為なら、何なりとお手伝いさせていただきます。

こんにちは


和心のある素的な雰囲気ですね。
写真で雰囲気を出すのは本当に難しいですよねー

景色も素晴らしい 絵葉書みたいです。

ティンカーベルさん、おはようございます!
階段箪笥、正直実際に見たことがないんですよ^^;
でもこの趣、風情はすばらしいですね^^
ティンカーベルさんのお撮りになられたお写真で朝から和ませていただきました♪

ティンカーベルさん

おはようございます。

階段タンス・・・・手前が収納で向こう側が階段かな?と思いましたが、左下から右上に上がって行くのですね(∩.∩)

日本家屋・・おもむきがあって落ち着きます(*^-^*)

>お邪魔したい和の心に満たされた空間でした

そうでしょうねぇ・・・(^―^)

おはようございます

この建築には、先人の知恵が多くありますね
デザインも素敵です
心も落ち着きますね!
このような雰囲気がある建築も好きです♪

こんばんは。

階段箪笥の使い方も素敵だし、
大きなテーブルに大きなお皿、センスが光ってます。
ぜひ一度お邪魔したいです。 ^^
安曇野に行く楽しみが増えました。

ありがとうございます。 ^^

こんばんは はじめまして
伯爵さまのページからやって来ました
宮崎県の最南端で
「お母さんの手作り餃子」やっています
今日は挨拶まで
また遊びに来ます

今日は、ありがとうございました。

引っ張ったかいがありましたね。
素敵な陶芸と素敵なお宅。
慎三じいちゃんでなくても、
お伺いしたくなりますね。

こんばんは
撮影は難しいですよ
得意なパターンを増やして行くやり方がいいと思います

こんばんは。
昨日登場した大皿、どれくらいの大きさ?と思っていたら、今日判明しました。
ありがとうございます(^^)v
我が家の慎三じいちゃんに、こちら記事を見せたら興味深々!
「連れて行ってくれぇ」の珍しいお言葉が…。
これは機会を作ってお伺いしなければなりません!
緑色がとってもお似合いの作品ですね、慎三さんは目からウロコの様子です。

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Powered by Movable Type 4.23-ja