汐彩の湯 みかくさん付近の海

| コメント(33) | トラックバック(1)

 小名浜海岸

大潟の経営革新塾終了後、懇親会前のわずかな時間を利用して、その日の宿 、鵜の浜温泉汐彩の湯みかくさん から1分の距離にある海へ向かいました

海無し県から訪問した3人は最高のロケーションに感激でした。それぞれ思い思いの作業に没頭の図。

日本海の夕日

「ダルマになるかもー。きっとなるよ!」の地元の方の声に、よし!と気合を入れました。

加藤先生、しあわせ伝道師あいさんは三脚立ててじっとスタンバイ。私は、「望遠使うんですかー?」「陽が沈んでどの辺でなるのー」「どこいけばいいのー」と砂浜に、お気に入りブーツのヒールを突きたてながら、大騒ぎで走り回り、

レンズを交換してたら、何とあえなく太陽は海の彼方に揺らめいて沈んでしまいました。

はや!早すぎる。でも、私的にはこれで十分満足です。加藤先生、愛さんご指導ありがとうございました。お二人に口を揃えて「一番撮りたい物は真ん中にせず、どちらかの端によせる」と言われたのに、FuFuFu(*^_^*)

ど真ん中、ストレート。

愛さん、加藤先生

日没後、砂浜にしゃがみ込む加藤先生と、あいさん。これは、ちゃんと寄せました。

砂浜、猫

砂浜にえいが打ち寄せられていました。猫の集会?

夕日に背をむけると、ビーチの管理棟に灯りがともっていました。季節はずれの海の夕暮れはちょっと物悲しい

 パンと味噌ラスク、チョコレートラスクのティンカーベル

ママの応援 簡単!おいしい!グルメスタイル

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.tincarbell.com/blog/mt-tb.cgi/246

上越市、鵜の浜海岸にてダルマ夕陽(太陽)を撮影する 続きを読む

コメント(33)

おはようございます。

一枚目の写真、これだけはじめてみる人がいたら
『なんだ〜(?_?)エ?』って感じですよね。
だって海辺にたたずむヤンキー(?)、
和服美女と八百屋の大将風、
カメラ構えるサラリーマン系・・・
何してんの〜?・・・デス(*^_^*)

夕日のど真ん中ストレート写真ですが、
左に船のシルエットがあるおかげで
ど真ん中でも正解になってますよ!
夕日が海に沈む速度は
侮ってはいけません(^^;

素敵な写真が撮れて、良かったですね。

素敵な人たちにも出会えて、素晴らしい講演旅行だったようで、
おめでとうございます。

ごめんなさい。
返事の順番がへんてこです。
私はこの後の宴会が一番緊張しました。

こんばんは。

良い夕暮れでしたね。
うおぬま屋は、この夕日をバックミラーに映しながら、帰り道を運転していました。
辛抱堪らず、停車して撮影した時には、太陽は水平線の下。
かなり残念でした。

北ちゃんは後ろ姿で皆の被写体になるのを楽しんでいたのでは
ないでしょうか。歌も上手でしたよ。来年は皆でお会いする機会ありそうですね。
えいはお亡くなりになってました。

違いがあるから面白いですね。
カメラと一体化してらっしゃいましたね。
恐怖のカラオケ写真は公開禁止です。

熱いのが苦手な私は、夏は決して得意な季節では無いのに
終わるとなるとさみしい気がします。

夕陽が沈むスピードの速さに唖然としました。
ナカシマさんはご存じだったのですね。

おかげ様で満足させていただきました。
アドバイスいただいても、撮りたい物によって
しまいますね。

こんばんは
>伯爵様は夕日の時間はお仕事中が多いので本気モードだったのでは?(笑)
そうですねー。早朝も撮影に行かれて、夕焼け、宴会、その後さらに深夜★を撮影したそうです。シザーハンズならぬ、カメラハンズ。

>ティンカーベルさんのブーツのヒールと、須崎旅館の若女将さんの足袋が心配です
私のブーツは、宿で磨いて下さいました。女将さんは「砂でもコツを飲み込めばうまく歩けますー」と可愛らしかったです。

こんばんは。

ヒールをつきたてながらの撮影ご苦労様でした。 ^^)
砂浜の撮影って大変ですよね。
昨年の静岡での三保の松原での撮影会も
体力勝負みたいなところがありました。 ^^;)

夕日とってもきれいです。
北ちゃんのしるえっともかっこいい!!
アングルバッチリです。^^v

エイ死んでいるのですか?
大きさがわからないけれど
ちょっとかわいそうです。 ;;)
物語がいろいろありますね。 

こんばんは。
キレイな夕日です~、前景の舟がいいです~~!
伯爵様は夕日の時間はお仕事中が多いので本気モードだったのでは?(笑)
ティンカーベルさんのブーツのヒールと、須崎旅館の若女将さんの足袋が心配です。
女性は撮影時の靴が不自由ですね…。
地元荒川へ行く時は恥ずかしながら長靴です!(笑)

こんばんは
>結局だるまになったのでしょうか?
加藤氏はばっちり捉えてらっしゃいます。ティンカーベルは聞かないで下さいませ。

>北ちゃんがポケットに手を入れていますがカメラは持参していたのでしょうか(∩.∩)
多分持っていたと思います。それぞれ自分の事でいっぱいでした。

>静岡県では朝日が海岸から上がります(∩.∩)
新潟の方とそんな話をしました。「海から朝日が昇る景色を見たい」そうです。

木仙人さんこんばんは
>結局、だるまになったの?
はい、なりました。
加藤先生のカメラには見事に写ってます。
私の目に写った気がしました。撮れませんでした。

陽が沈み始めてからが短いのに驚きました。
この後大御所が投稿されるので、初心者は早めに
早め狙いしか道がありません。

こんにちは
>ひらがなの あい でお願いします
失礼しました。早速直しました。

海は気持ち良かったです。
今年は公私とも忙しくてのんびり海を眺める
機会もなく、ご褒美頂いた気分でした。

>年間で一番忙しい季節となっています♪
この景況感の中、何より素晴らしいことです。
お体気を付けてがんばって下さい。

これは、一応飼っているようです。
干物屋さんの敷地でした

そうなんですって。
素直に真ん中よりも絵になるそうです。
やってみて下さい。

こんにちは
>砂浜にえいが打ち寄せられていました。猫の集会?
 猫の集会は気がつきませんでした
 それぞれ違った感性だから
 異なるものが見えていることでしょう

 私は・・・

こんにちは
いつも有難うございます

>季節はずれの海の夕暮れはちょっと物悲しい

本当にそうですね~~
誰もいない海
誰も居なくなった海
あんなに楽しかったのに。。。と思ったりします
秋は実りの秋ですが寂しい感じもしますね。

ティンカーベルさん、おはようございます!
私はダルマでなくとも強烈な夕陽のオレンジが好きなのでティンカーベルさんのお写真は大成功だと思いますよ^^
ちなみに私もよく夕陽を撮るのですが夕日は沈む前(浮かんでいるとき)と沈んでいる最中では色が全然違うような気がします^-^
色味だけで言うと夕日が沈む前、光が海をもオレンジにそめる、ちょうどティンカーベルさんがお撮りになったお写真のような構図が大好きです♪
話はちょっと変わるのですが夕日って沈むの思いのほかはやくないでしょうか?

おはようございます。

<一番撮りたい物は真ん中にせず、どちらかの端によせる」と言われたのに

・・・・私も今までは中心に撮っていましたがあるかたから
同じ様なことを助言されました。


とても素的な夕日ですね。
大満足の一日と言う感じですね!

ティンカーベルさん

おはようございます。

いいなぁ・・・・素晴らしい光景に感動です!!

結局だるまになったのでしょうか?

北ちゃんがポケットに手を入れていますがカメラは持参していたのでしょうか(∩.∩)

静岡県では朝日が海岸から上がります(∩.∩)

おはようございます ティンカーベルさま

海のない地域に住む者にとっては感動的なシーンです
結局、だるまになったの?

おはようございます

やっぱり 写真うまく撮りますね さすがです
日が沈む速さ初めて体験しました 早すぎですね
もたもたしてたら 沈んでしまいました(笑い

こんにちは。
先日の楽しかった思い出がよみがえってきました
私のブログでは、11月中旬公開予定です
たぶん、伯爵様と同じ頃になるでしょう
(^_^)

追伸
 愛称は、 漢字の愛ではなく
 ひらがなの あい でお願いします
 あい企画 ですので
 お手数をおかけしますm(_ _)m

おはようございます

私の住んでいます山梨も海がありません
海のある景色は憧れます

>「一番撮りたい物は真ん中にせず、どちらかの端によせる」
 撮影テクニックですね!!
 勉強になります
 有難う御座います

ティンカーベルさん こんばんは

思わず伯爵様のブログかと勘違いするよな 写真でした。

自然を撮るのには予備知識が大切と
伯爵様のブログから感じています。
私はいつものように行き当たりばったりです。
ブログの更新が遅れています。
年間で一番忙しい季節となっています♪

こんばんは

海に夕日が合いますね~
阿賀野市からの夕日は弥彦の山に沈んでいきますので…
猫の集会(◎-◎;)全部ノラちゃんかな?この辺では猫の集会
見たことないですから気になります!

こんばんは☆
1番捕りたいものは左右に寄せるのですか!?
私もど真ん中にしそうです。。。
でもど真ん中の夕日いいですね~!!
素敵です(^^)
船の感じが好きです!

こんばんわ。

海に沈む夕日。感動モノでしたね~。画像も素敵です。(^^)/

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Powered by Movable Type 4.23-ja