2011年4月アーカイブ

日経にブランドイメージ調査「ブランド・ジャパン2011」の調査結果が掲載されていました。

お読みになられた方も多いと思います。

調査は約3万4000人に企業・製品のブランドイメージを聞き、「フレンドリー(親しみ)」「イノベーティブ(革新)」「アウトスタンディング(卓越)」「コンビニエント(便利)」の4つの因子で分析した。

その結果消費者から見たブランド総合力1位は、グーグルです。20位までは以下です。

1、グーグル 

2、ユニクロ

3、パナソニック

4、マクドナルド

5、日清食品 

6、ディズニー

7、ユーチューブ

8、スタジオジブリ

9、楽天市場

10、サントリー

11、アップル

12、ソニー

13、任天堂

14、ウィンドウズ

15、コカ・コーラ

16、無印良品

16、アマゾン 

17、モスバーガー

19、ヤフー

20、シャープ

消費者から見た総合力の上昇ランキング

1.ツイッター

2.アップル

3.すき家

4.アメーバブログ

5.早稲田大学

愛されたいなと思います。5位、20位以内なんて高望はしません。いつか、フレンドリー部門で、200位内にティンカーベルもランキングされるようにがんばります。望めば、叶う。ね!

レンブラント展

| コメント(9) | トラックバック(0)

  昨年末、モルメでお世話になった日テレ関係の方から、レンブラント展のカレンダーをいただきました。レンブラントとピカソのゲルニカを観たくてスペインまで行った事もあるので、とっても嬉しいプレゼントでした。

すると、今度は娘が、上野の西洋美術館で開催中のレンブラント展のチケットをプレゼントしてくれました。

勿論、大喜びで出かけました。美術館の入り口にて撮影。ロダンかな~。

rodan.jpg桜は散り始めていましたが、上野の森はにぎわっていました。自粛しても、経済的にマイナスに働き、被災地支援にはつながらないと、マスコミでも報じられる効果も出ている感じです。

レンブラント展は、版画110点がメインで、絵画作品が少なかった為、元気を出したいと望んでいる今の気分では鑑賞がちょっときつかったですが、素晴らしかった~。

0005060002L.jpg松方コレクションを主とした常設展の中に、

ギュヌターブ・ドレの「ラ・シエスタ・スペインの思いで」がありました。

巨大なキャンバスに描かれています。

物憂げに平穏な時が流れてゆく。

この絵の前でかなりの時間を過ごしました。すべての人物が魅惑的です。

 

 

 

 

 

 

 

これだけで、お楽しみが終わる訳は無く、心もお腹も満たして参りました。

tea.jpg

NEWS ZERO 特別版 アートミステリー
「なぜ、レンブラントは版画にこだわったのか?」
日本テレビ(関東ローカル)2011年4月23日(土)朝10:30~11:25

日テレにて、レンブラント紹介されるようです。ぜひ、ご覧ください。

そうそう、大事な自慢話がありました。

日テレショップにて、ティンカーベルのモルメ販売中です。

 

お買いものごっこ

| コメント(14) | トラックバック(0)

 子供の頃「お買いものごっこ」なさったことありませんか。

皆がお店屋さんになりたくて、お客様が少ない。そこで皆がお店屋さんになって、お客様にもなる。お友達のお店にお買いものに行くと、次にそのお友達が私のお店に来てくれるのです。

忘れていた、小さい頃の体験を思いだすような数日を普段ならば喧騒に満ちた東京の新宿、銀座で体験しました。

震災から2週間程の期間、都内百貨店の多くが、前年の9~7割減の客数だったそうです。お客様よりもショップの店員さんが多いくらいでした。

DSCN0837.jpg

震災直後、新宿三越アルコット店地下2階のティンカーべルショップ開店しました。設営中の写真です。1年間の契約で出店させていただきます。よろしくお願いします。

1つのゾーン半分にティンカーベルのラスク、モルメ、ムーム、パンを常設し、残り半分のスペースはティンカーベルの仲間が1カ月程の期間で交代して企画催事を行います。

お客様がいない!状況の時、様々なショップにおじゃまして、商品説明等詳しく聞いて買い物させていただき、勉強になりました。あの時しか出来なかった事だと思います。

今は営業時間も普通に戻り、にぎわいが戻って来ました。

 ティンカーベルには、パン部門と焼き菓子部門があります。震災直後、手軽に食べられるパンの特需があり、新規お取引先からの至急を要する大口のご注文や、発注重複によるキャンセル等、常連のお客様から被災地支援のご依頼等あわただしい動きが、パン部門ではありました。

テレビで被災地の様子を見ながら、今、ここにある水や食料を手渡したいと皆さん思われた事と思います。

避難所では、平等が原則なのでパンの提供も同じ物を500個単位でしか受け付けられないと知り、焼き菓子なら1000セット以上あるからと思っても、届けるまで2週間以上かかるから賞味期限が問題だとか予想以上に困難で、個人的に支援活動しようとする方に託すのが早道だったりもしました。

DSCF1651.jpg

アララギ高原でティンカーベル製品を取り扱って下さっている 

shovelwood さんから、メールが届きました。

以下

山下 尚之さん撮影

 

 

 

 

 

>先日岩手に物資運搬でいってきました。(陸前高田、大船渡、気仙沼)
>みんなで集めたものをもっていったのですが、子供用に折り紙とハサミそしてラスク
>をいれておきました(笑)

>被災地の是非写真のせてください!!
>写真現像して募金箱に展示し長いこと関心をもってもらえればと思っています。
>直接関係のなかった人は時間たつと忘れてしまいますもんね。。

DSCF1502.jpg

私は人に託すのみで行動出来ませんでした。DSCF1728.jpg

山下さんの勇気に感謝しています。