2011年5月アーカイブ

色を着る

| コメント(10) | トラックバック(0)

  無性にオレンジ色が着たくなり、オレンジの服を買いました。

紺や無彩色を身にまとうとが多いのですが、震災復興など、元気を出して乗り切りたい事が多いので自分が気持よく元気になれる色を求めたのだと思います。ビタミンカラーです。

オレンジを着て同級生達に会ったら、「今日はいつになく派手な色着てるね」と言われました。やはりそれぞれの色のイメージがあるようです。派手な理由を話すと、皆一様に理解」してくれ、無意識のうちに派手な色を着る傾向があるのに気づいたとの声もありました。

皆さんはいかがですか?

同級会で市町村の合併や、商工の地域をまたぐ連携等の話題が出る中で、面白い説を聞きました。

長野県はご存じのように海から遠い山間部に位置します。川が作りだした渓谷も上流ですからとても深いところが多いのです。

「深い渓谷を間に隣り合う町同士は、わだかまりなく町村合併が進み、川幅が広くて浅い川をはさんだ町とは過去の因縁を引きずりやすい」

との説です。 2008_06010136.jpg

わだかまりは、水争いに元を発するので、深すぎる渓谷に阻まれると争う事すらなく、適度な深さだと、接することも密になり争いに転じるというものです。

面白いですよね。

奥に写る駒ケ岳。駒ケ根側の人は駒ケ岳と呼び、木曽川からは木曽駒と呼ばれます。(*^_^*)

 この川は浅い谷を形成しています。確かにお隣町とは市町村合併不成立です。

「大事を政局に持って行かず、何とか一致団結出来んもんかね?人の揚げ足取りも、軸の定まらないリーダーも不安だよね。」

「そんな時はどうする?」

「よし!知恵集めて日本何とかするか。その為に、まずは地域をまとめるか。」

こんな話を、飲めない私は素面のまま、オレンジ色着て、楽しく聞き夜は更けました。

すっごく頼れるのに一切自慢話をしない友人達は得難い存在です。今回も地元の両親のことで様々助けてもらいました。ありがとう。

DSC_2539_edited.jpg

庭のもっこうバラに混じって、赤いのも発見。松本の朝。

鳥の餌にならずに残ったさくらんぼでした。毎年実るのですが、早朝に来訪する鳥に収穫はすべてお任せでした。今年は、遅く咲いたバラの花に守られていました。

食べてみました。何となくサクランボの味。完熟を待ったら鳥との競争に負けてしまうので、美味しい手前ですが、我が家で収穫できた喜びは大きいです。

いっそのこと活けてみようと、枝ごと切り取って、飾って観ることにしました。鳥達の分は手の届かない高い所にたくさん残っています。

この週末は、松本市の縣の森でクラフト展が開催されていて県外からお越しになる方も多いのですが、屋外の催しにも関わらずクラフト展はなぜか、例年雨なんです。

今年はFacebook仲間も御来訪と聞き、晴天を切に願いましたが、残念です。

雨の場合の松本安曇野散策案内情報も必要ですよね。松本市美術館(マイセン展)と松本パルコティンカーベル販売会いかがでしょうか。(此処へつなぐ意図はなかったのですが、、、、今月は30日まで1階エスカレーター横で行ってます。) 

一足伸ばせるお時間の余裕があれば、松本城内見学後、安曇野へ行き、アートヒルズ(ガラス中心の展示販売)、安曇野市美術館、が私としては雨の日はお勧めです。そしてティンカーベル安曇野本店へもぜひお立ち寄りください。(*^_^*)

DSCN0916s.jpgモルメをながのこまち誌上で紹介していただきました。ライターさんがとっても聞き上手で、勉強させていただきました。

モルメの紹介写真も、お任せで撮っていただいたら、ポップな仕上がりで若々しい感性がとっても楽しかったです。

こまち発売翌日から、モルメの人気が上がってます。ご紹介に感謝。

やはり地元NO1情報誌の影響は多大です。

 松本パルコにて開催中のティンカーベルの販売会でも、モルメは只今1番人気。

地元初催事を応援に、多くの友人、ティンカーベル各店のお客様が来て下さったと販売担当者から毎日報告を受け、心から感謝しています。

皆さま、ありがとうございます。

 

  ご紹介いただいた記事は、残念ながら掲載出来ない決まりです。こまち誌上でご覧下さい。プレゼント特典もございます。

ティンカーベルは長野県内よりも県外の店舗や催事、卸が多いのですが、昨今お客様から、「ティンカーベルの品を県外に出かけるときはお土産にすると喜ばれる。だから、長野県、松本、安曇野のティンカーベルとして誇りに思ってる。」といった内容の言葉をいただき、琴線に思いっきり響いたらしく気付いたら涙が出ていました。お客様の方が驚かれたご様子でした。

スタッフからは、「涙もろくなるとトシって言うよね~」

本日は、手前味噌な内容でとても、申し訳ないのですが、

新参者として、安曇野で始めたティンカーベルもおかげさまで26年経ちます。ご支援いただいてきた地元の皆さまに感謝し、愛される老舗になるべく切磋琢磨 しようと改めて思っています。

 

車窓から

| コメント(10) | トラックバック(0)

     東京、松本、安曇野、実家と移動する日々です。家族が高齢になりそれなりのサポートもしてあげたくなるようになりました。

親に限らず我が身にも迫る老いや介護の問題。友人と昨今そんな話して、「頑張り過ぎは良くないね」で終わってます。

電車に乗って窓の外を眺めていると、様々な事がわりと整然と考えられたりします。

東急田園都市線に乗って、焼き菓子OEM開発ご依頼の打ち合わせに向かいます。この日は先頭に乗ってみました。

DSCN0908.jpg

なかなか 楽しい。運転のお邪魔にならないように、そっと撮影。

DSCN0909.jpg

電車が空いている時間帯は、今度も先頭に乗ろうと決めました。

    DSCN0911.jpg 松本市美術館にマイセン展を観に行きました。

松本、安曇野はまるで緑の花が咲いたような新緑と、バラの花に満ちて美しく、過ごしやすい季節です。

田には水か張られ、そこに、今年は雪の山も写りこみます。

安曇野、松本観光にはお勧めの季節。加えてドイツまで行かなくても、素敵なマイセンも多数、ゆったり観られます。ぜひいらしてください

マイセン展について、パンフレットから抜粋

それは東洋への憧れからはじまった―

 東西交易品でとりわけ貴重だった東洋の磁器は「白い金」と呼ばれ、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、17世紀には大量にヨーロッパへ渡りました。この磁器を熱狂的に収集した人物が、ザクセン選帝侯兼ポーランド王の「アウグスト強王」(1670-1733)です。王の命令下、西洋では謎とされてきた磁器の製法が、錬金術師のベットガー(1682-1719)によって解明されました。西洋磁器の誕生です。1710年、ドイツ東部に位置するマイセンの城に王立磁器製作所が設けられ、300年にわたるマイセン磁器の歴史が幕を開けます。
本展は、ベットガーが発明した白磁にはじまり、東洋への憧れを物語る「柿右衛門写し」や「シノワズリ(中国趣味)」の飲食器、王が夢見た磁器による壮大な宮廷動物園、優美なロココ様式や万国博覧会出品の大作を経て、知られざるモダニズム時代の傑作、さらには現代の作品まで、各時代の代表的名品が一堂に会します。
 時代の変遷とともに、つねに最先端の美術様式を取り入れつつ、芸術性あふれる、伝統を大切にした作品が作られてきました。現在もなおマイセンの歴史物語は続いています。時を超えて愛される、その魅力をご堪能ください。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

魅力を堪能し、娘とどれか1つだけ選べるとしたらどれが欲しい?とあり得ない夢も追ってみました。

一番魅了されたのは、やはりパンフレットの小花がたくさん貼り付けられた茶器でした。下々的にはお値段等気になるところです。

DSCN0906.jpg

松本美術館の常設展は草間弥生さんがメインです。ニューヨークで高名な天才現代作家さんです。

松本美術館から歩いて10分程の所にある松本パルコ1階下りエレベーター横にてティンカーベルの販売会を30日まで行っています。もちろんそこでも、仕事して参りました。

DSCN0907.jpgあれ?

この1枚しか写真がありません。

パルコにて

 

 

 

 

 

地元パルコでのティンカーベル初販売会ということで、特別価格にて販売中です。ぜひお越しください。

バラのパン 作り方

| コメント(17) | トラックバック(0)

    我が家の庭はモッコウバラが満開です。早咲きの、とげの無いとても育てやすい種類です

590.JPG

バラの花を見る都度、美しさ共々、食べたい!と思うのですが、香りと味が今ひとつイメージとして合わないのがバラだと言う気がします。香りは良いのに、はちみつも収穫できません。

そんな折うちの、ボスが「このバラだけど、お客様から開発依頼受けてね、今までとは何か違う気がするんだ。専務バラ好きでしょ。預けるから何とかしなよ。」と差出しました。それがこれです。残念ながらプレゼントではなく、課題でした。

bro1.jpg

今まで見たことのないあでやかさで、上品な香りがします。撮影後バラをばらばらに (ナーンテ)、花弁を1まいずつはずして、そっと洗います。

bro2.jpg

バラの花は食用でなくても食べて差し支えありません。ただし、香りも無く苦いだけの種類もあります。実際に様々なバラを食べてみた経験あります。これは大輪で扱いやすそうです。あく味もほとんどありません。

花心のおしべを取り除き、花粉も洗い流して、香りの基のローズヒップ部分を残します。それらを、80度程のお砂糖と蜂蜜のシロップでさっと煮ます。bro3.jpg

湯気で写真が曇っています。このまま2日程冷蔵しておけば、自然な香りの基が出来上がります。

ジャムにしたいときは、ローズヒップを取り出して、煮詰めレモン果汁やゼラチンを加えます。

とりあえずは、香りを取りだして、パンの仕込み水と、バラの香りのクリームを造る基にする予定です。

新しいパンの構想はまとまっていますが、思い通りに出来るでしょうか。きっと何回も試作を繰り返す事になる予感がします。風に乗ってほんのりとバラの香りがしてくる、ふんわりと空気感のある目にも美しいパンを造り出したいと思っています。出来たら、またご報告します。

パイレーツオブカリビアンの最新作「命の泉」本日封切!

観てきました。U~~~~~~~~ん。ジャックスパロウ 最高!海賊たち、最高!

東京で封切を観ようと思ったら行列です。

娘は松本で贅沢に3Dで観たいと、わざわざ帰省してきました。家族でワイワイと私達がいかに、JDに魅せられてきたかを熱く語り合いながら観に行きました。チケット番号は3,4,5番。観客はわずか50人程度。最高の席でゆったりと過ごせました。

戻って余韻に浸りながら、公式サイトを観るのがまた楽しいのです。

人魚の怖さと美しさ強調してますね~。3Dも楽しめましたが、画像が暗くなるので今度は普通にもう一度観たいと思ってます。ともかく、ジャックスパロウ、素敵。ジョニーディップが自分の子供たちに見せたくて出演している映画だと納得できるシーンが多々あって、父としての誠実さがまた、良いんですよね~。

メロメロです。

明日は娘と松本美術館にマイセン展を観に行きます。地方都市ってゆったりと最高を味わえる贅沢なチャンスが多々ある気がします。

   tink_rusk.gifティンカーベルのとろけるラスクを、弁理士さんにお願いして商標登録申請しました。

自分でも出来るようなのですが、スムーズに取得するには専門家の知恵をお借りするのが早道だと思いました。

とろけるラスクは、ラスク加工の技術だけでなく、パンを作り出す技術が重要になります。他者が簡単に真似出来る事ではありませんが、

ティンカーベルが生み出した物であるのを、しっかり主張し、守っておきたいと考えました。

他にも守りたい案件をいくつか申請していただきました。まだあくまでも申請中です。

とろけるラスクは、今までに無かった美味しさ。ラスクの最高峰だと評価していただき、他者との差別化を望まれるOEM開発のご依頼をたくさん頂いております。

時には、とっても珍しい材料をお預かりすることもあります。ちょっと、試作をお見せしますね。

kuro.jpg

炭みたいですが、こがしたのでは無く、これもとろけるラスクです。

黒ニンニクを使ったラスク考案ご依頼を受けて試作しました。パワーみなぎるラスク。味は、プルーンみたいで、見た目と味のギャップに皆さんかなり驚かれます。

商標登録は自分の知的所有権を守る目的もありますが、それなりの費用も掛けて行いますから、それを取得していることはその保有者の思い入れも理解していただける事につながります。

弁理士さんと様々なお話をさせていただき、大変勉強になりました。試しに自分でも何か申請してみようかと思っています。

食品では特許申請をするケースは少なく、商標登録が多いようです。皆さまの業種ではいかがでしょうか。

 

  2011may16.jpg

 

父の日のプレゼントに最適なラスクが出来ました。

大分県の由布院とつながったラスクのご縁で開発したピリッと辛い 「チーズゆず胡椒」と 甘辛の味噌に信州名物の七味トウガラシ。どちらも、お酒のおつまみに最高です。

加えて、ヘルシーなルビートマトラスク。をセットして、父の日のプレゼントとして発売します。

ラスクに合う、柚子胡椒を捜すのに思った以上の手間がかかり、遅れ気味です。

yuzupapper.jpg

 

九州名物「柚子胡椒」と呼びますが、実は胡椒ではなく、唐辛子。柚子と青唐辛子(赤唐辛子もあり)と塩が材料です。

ラスクに使ったのは、辛さの基と言うべき唐辛子の種も入れた辛口タイプです。なんとも良い香り。この香りがお届け出来ないのが残念です。

由布院で商品企画のご依頼をいただき、お邪魔した際に、沢山柚子胡椒を買って来ました。

パスタに使った際、残ったソースをパンに付けたら、とっても良く合うのでラスクにした次第です。

この柚子胡椒は大分県の農家で手作りしていただきました。

14日、zukudasの勉強会に参加しFacebookを始める事としました。とりあえず登録完了。まだ、登録のみです。このところ停滞していたブログも再開します。皆様よろしくお願いします。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Powered by Movable Type 4.23-ja