ティンカーベル さくら店の最近のブログ記事

ティンカーベルの裏話

| コメント(16) | トラックバック(0)

4月17日に開店した、ティンカーベルさくら店。新人スタッフもようやく慣れて今まで以上のサービスを心がける余裕が出てまいりました。

昨日のk先生のコメントにもありましたが、実は千葉県佐倉市はスポーツ関係の大物と関係深い地です。長嶋茂雄氏(読売巨人軍終身名誉会長) 

  小出義男氏(マラソン監督)の出身地で、マラソン練習コースもあるそうです。

そして、千葉県立佐倉高校卒業、早大出身のタレントと言えば藤木直人。今朝もドラマの番宣でモーニングショーに登場してました。スーパーイケメンです。

img_1458223_52657288_0.jpg

裏話はここから先。実は藤木直人さん双子ですって。ティンカーベルさくら店で、この話を聞いた松本のスタッフ「いいわねー都会は。藤木直人が双子で、二人も同じ街に存在するのよ。会える可能性倍よー。」何とも舞い上がった発言でした。ティンカーベルに来てくれないかなー。

ten3.jpg

ティンカーベルさくら店では、数種の酵母を使い分けます。覚える方も何かと複雑。それに加え、意気込みを伝えるべく、パンの名前もおしゃれに決めようと製造チームが気張りました。

「リュスティック・ポモドーロ・フロマージュ」「モンパン・ドゥミ・バケット」「リュス・ダマンド・ガトー・ダノワ」「フュリィ・コフレ・ダノワ」一見おしゃれだけれど難解な名前の行列。

「えーと。リュス、、、、ポ何とか、、。言えないー。=ドライトマトとクリームチーズのレーズン酵母パン売り切れましたー。」

「あのー。バケット、、、モンパン、、。何だっけ?=リンゴの天然酵母バケット焼きあがりましたー」

結局皆、自分たちが馴染んだ名前に言いかえて呼称し、大爆笑の開店でした。

残念ながら写真がありませんが、一番人気は「リュスティック・ポモドーロ・フロマージュ」=ドライトマトとクリームチーズのレーズン種天然酵母パンでした。開店してたった3日の間にリピーター続出の人気ぶりに私も試食してみました。確かにおいしい。今までに無かった味です。通販企画しようと思ってます。

*********************************************************************************************************

 ★ティンカーべルさくら店(千葉県佐倉市稲荷台1-11-5 京成臼井駅3分)オープンしました

★松本、安曇野、東京山王から喜ばれる贈り物パン、ラスク、スイーツをお届けします。

★美味しく食べてしあわせになれるパンがいっぱい ティンカーベルをご覧ください。→

********************************************************************************************************** 

 

 

 

ティンカーベルさくら店がおかげ様で大盛況のうちにオープンいたしました。

消えてしまったはずの開店時の写真が半分ほど復元できました。二度と撮れない時間ですので、とてもうれしいです。

無理しても結果良いことには繋がらないので、静かに開店して、安定させてゆくのが理想と考え広告宣伝を控えめにしたものの、お客様が来て下さるかどうかとても不安でした。

b3.jpg

b1.jpg開店前から数人のお客様が並んでくださり、この写真を撮れるようになったのは、数時間後一段落したところです。狭い店ですので、中に多くのお客様が入られると買い回りが出来なくなってしまうため、入場制限をさせていただき、気候も穏やかでしたので外でお待ちいただき、店には10人ずつ御案内いたしました。不慣れなスタッフでお客様に助けていただきながら何とか乗り切りました。写真を撮っていたかったのですが、とてもそんな状況では無く、この時点で、我に返ってようやく1枚。必死で皆に指示を出し、お客様に御挨拶し続けた数時間でした。地元の方々に歓迎していただけ良かったーと。一安心しました。

無理はせず、きちんとした品を販売したいので、売り切れ時点で2時間程早く閉店させていただきました。

b5.jpg前日開店準備中のスタッフ。新人さんが多いので皆「いっぱい、いっぱいです」と言いながら必死にお勉強中です。

b6.jpg

パンは多種類の酵母と粉を使い分け、食事パンをメインに100種類を展開。製造技術者の精鋭が5人でつくりましたが、本来の設備がコンパクトなので、限界があります。惚れ惚れする良いパン生地です。ロールケーキ、シュークリームは店に並べる間もなく売る切れて行きました。美味しかったからと日に2度も来て下さるお客様も多数ありました。有り難いありがたい日でした。

続きはまた明日。

*********************************************************************************************************

 ★ティンカーべルさくら店(千葉県佐倉市稲荷台1-11-5 京成臼井駅3分)オープンしました

★松本、安曇野、東京山王から喜ばれる贈り物パン、ラスク、スイーツをお届けします。

★美味しく食べてしあわせになれるパンがいっぱい ティンカーベルをご覧ください。→

********************************************************************************************************** 

 

4月17日金曜日に、千葉県佐倉市稲荷台1-11-5小松ビル(京成線 臼井駅90メートル)に、ティンカーベルさくら店を開店します。


大きな地図で見る'>
大きな地図で見る

3月末まで、パン店「アミ」さんが営業していました。始められて1年程ですが、オーナー兼パン職人のご主人が、腰を痛めてしまい残念なことに継続できず、ティンカーベルにお声をかけてくださいました。

とっても美味しいパンを作るamiさんなので、評判のお店でした。でも健康には代えがたいと無念の決断をなさいました。

こんな景況感なので、実はティンカーベルも躊躇しましたが、せっかくの好意とアミさんの情熱を無駄には出来ないと、引き継ぐのを決心しました。ティンカーベルは千葉のマックスバリュ東習志野、習志野台、野田でインストアベーカリーを運営しており、今回の佐倉市とは東習志野、習志野の2店舗が近距離です。皆で協力し合ってさらに美味しいパンとスイーツを製造販売してゆきます。アミさんも人気の味を伝授して下さいました。ティンカーベルとアミさんの技術が相乗効果を生んでくれそうです。

 

皆さまにご相談です。店名を、「ティンカーベル佐倉店」にするか「ティンカーベルさくら店」にするか迷っています。どちらが良いと思われますか?ちなみに京成線 臼井駅からは90メートルのところなので、「ティンカーベル 臼井店」もありです。私は初め「サクラ市」と聞いて「佐倉」とは思いつきませんでした。でも、地図検索や、地元の方は佐倉ですよねー。迷ってます。

*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*

 松本、安曇野、東京山王から喜ばれる贈り物パン、ラスク、スイーツをお届けします。

美味しく食べてしあわせになれるパンがいっぱい ティンカーベルをご覧ください。→

<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*