の最近のブログ記事

先日京都に行ってまいりました。

四条河原で、お客様と商品企画の打ち合わせを済ませ、高島屋さんに行くと、辻村寿三郎さんの人形展の案内が目に止まり、これは、他の観光をはしょっても、観て行かなくちゃと飛び込みました。御名前を改められたので「ジュザブローさん」と言えば知ってる!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。NHKの人形劇の人形作家さんとして高名です

DSC_2081.jpg

学生時代、ジュザブローさんが衣装を担当なさるというので、王女メディアの舞台を観、虜になって少ないおこずかいで同じ舞台を3回も舞台を観た事があります。

やはり、素晴らしかったです

辻村さんがその時代の人物に思いをはせ、人形に人格を吹き込んでいる 動き出してもおかしくない沢山の人形と 辻村さんが端的に語って下さるかのような文章が綴ってある展示を見終わると、清盛の絆と夢を画像として観て来たような錯覚さえしました。

人形個々が持つ世界が、波紋のように広がって、人形は動けなくても、重なり合い物語を生んでいました。

ぜひ、お薦めしたい展示ですが、残念ながら、京都は終了ですね。この後、新宿の高島屋さん等、高島屋さん系で展示されるようです。もう一度観に行こうと思っています。

入る時は全く興味を示さなかった、娘が、観終わって、辻村寿三郎さんの世界に酔っておりました。

平家物語の無常感が今の時代には何ともリアルですが、バブル期を体験した私が思うのと、日本経済の低迷期しか知らない娘が思う無常感は多分異なるのでしょう。清盛のロマンを追う姿に魅せられつつも、

 足るを知る賢者が育っている時代だと思っています。

:*************************************:.

 

 shop.jpg         斬新なラスクを創りだすラスク専門店。 ラスク&Rusk&らすく

                   http://www.rusk.biz/

...................................................................................................................................................................................

       国産材料を活かしたパン、ここにしか無いパン TINCARBELL (ティンカーベル)

                   http://www.tincarbell.com  

...................................................................................................................................................................................

         ゆっくり味わう 安曇野大地のおこげ TINCARBELL (ティンカーベル)

                   http://www.okoge.net  

 

身延山 久遠寺と和の色

| コメント(20) | トラックバック(0)

  お休みをいただいて、母の喜寿祝いプチ旅行に行って来ました。

目的地は、母の思い出の場所巡りです。母の父つまり私の祖父が転勤が多く、母は学生時代を転校繰り返しました。その中で、思いで多い場所として、「身延」という地名は良く登場します。

buro02.jpg

今回は 身延山ロープーウェイ~久遠寺~身延駅~河口湖 をめぐりました。

朱 と 墨色 が対照的で美しい お堂  

和の色は取り組んでいるパッケージデザインの参考になります。改めて日本の伝統文化すごいと感じました。

buro04.jpg 母の思い出を沢山聞きました。競歩大会で本栖湖まで歩いた話。

駅前にお友達の宝飾店があって、そこで試験勉強をさせていただいたこと

駅前のお店はとても立派になって今もありました。

そこで父が、母、妹、私にささやかな記念品を買い求めてプレゼントしてくれたので、

「お父さん太っ腹~」と女3人が感謝すると、大喜びで旅行のスポンサーにもなってくれました。(*^_^*)

認知症と診断され不安と闘い、本人にとって辛い期間もありましたが、今は上手に受け入れて明るく楽しく、笑顔に満ちて過ごす母が、繰り返し繰り返し 話してくれる思い出を たどる旅は、私達家族にとって意味深いものでした。

大雑把で閃きで生きているような私とは違い、緻密な旅行計画を立ててくれる妹にも感謝です。

buro01.jpg

「風景ばかり撮っていないで、人を撮ってよ~」と指摘されました。アハッ、、せっかく閃いたのに、、、、、。

不思議ワールドにて

| コメント(14) | トラックバック(0)

 hanakan.jpgブログのお仲間の所で素晴らしい花の写真を多々拝見しました。それがなければ、これが何か判ら無かった事と思います。

器用な方の不思議ワールド。鏡の向こうにも写してみました。

 

こんな不思議な花ご覧になったことありますか。

生花です。

しばし、夢中。

welcome Flower に女子会大盛り上がりでした。

 

額の様な一部分を開いてみると、

蓮の花ですよね。外の花弁をプリーツに折ってあります。

開いたら、戻すに戻せない、、、

まずい!

格闘の末何とか、習得しました。機会があれば、このように仕立ててプレゼントしたら、とっても喜ばれますよね。

下の写真で形状伝わりますでしょうか

 

 

buro09o1.jpg

美しい物を

さらに美しく

神秘的に

洗練の技。

 

 

博多から松本

| コメント(15) | トラックバック(1)

 福岡空港は市街地にあるとっても便利な空港です。ギリギリの搭乗でした。 

tizyou.jpg

飛行機の窓際を親らしく娘に譲って、本を読んでいたら、「今って本を読んでる場合じゃ無いと思う。外を見て!」と娘に促されました。快晴の天空から見る地上は素晴らしかったです。 

fuzi.jpg

富士山ってやっぱり日本一の山ですね。遥か彼方からも見つけだせました。一番近づいた辺で撮影しました。

飛行機の小さな窓に親子でへばりついて「きれい、きれい」と大騒ぎ。周りの方々もご同様でした。

sorakara.jpg

日本中に雪が降った2日後の空から見る地上です。ダム湖もくっきり見えたのですが、撮り損ねました。

引っ張らせていただいた、圧巻は、木曽の御岳山です。機長さんサービス旋回。

ontake.jpg

この距離感。飛行機がいかに小型だったか解りますよね。天候に恵まれジェット気流に乗って飛行機は予定より15分も早く松本空港に着きました。あり得ない。

由布院ラスクの幸先を暗示するかのような素晴らしい旅のおまけでした。由布院の皆様お世話になりました。

 

大宰府天満宮から松本へ NO1

| コメント(6) | トラックバック(0)

     福岡から松本への航空便は日に1便のみです。13時45分発。搭乗手続き等に要する時間を考慮すると、行動出来るのは午前中のみです。

今回の旅で由布院と夜の博多を満喫出来ただけでも幸せでしたが、「早起きすれば、大宰府行けるんじゃない?」「九州国立博物館も見たい」と話がまとまりました。

hakata01.jpg

大宰府天満宮には6000本の梅があるそうです。菅原道真公由来の飛び梅伝説もあります。

東風こち吹かばにほひおこせよ梅の花
         
あるぢなしとて春を忘るな


私は「春な忘れそ」と記憶していました。みなさんは?
 

菅原道真が亡くなってから朝廷に様々な凶事が起こり、菅原道真のたたりだとされたそうです。たたりという負のエネルギーが神格化され、学問の神様になるんですから面白いですよね。

私立の幼稚園の賢いお子さんとセレブママ達後一行のお受験大宰府参りツアーが在るとは聞いていましたが、、、、、、遭遇しました。 真実なんだ~。(@_@;)  50組程の親子連れを、 娘とぼーぜんと見送りました。

いたるところに梅のモチーフが。梅の花はほころび始めでした。多分これが、一夜で京の都から道真の許に飛んできたという飛び梅だとおもいます。

dazaifu02.jpg

 

受験もすべて終わってから大宰府天満宮に来るのも笑えるねと話しながら急ぎ足で散策しました。

博多⇒大宰府間は40分かかりました。天満宮と並んで建つ、九州国立博物館を見たいので急ぎます。

DSCN0692.jpg

急傾斜のエスカレーターに乗り、タイムトンネルのような光の演出を楽しんで、抜けた先には

九州国立博物館が現れました。予想以上のスケール。時間が無い!駆け足で回りました。

FSCN0742.jpg

中は勿論撮影禁止でした。でも、ロビーのお雛様は撮影可。由来を読む時間が無かったので、この圧縮された?ふくよかな?姿の由来は不明ですが、お雛様に見送っていただいて、大宰府を後に、急いで空港に向かいました。

FSCN0740.jpg

この後の飛行機で、驚く体験をしました。また、次回。引っ張らせていただきます。

エコな額と迷惑

| コメント(26) | トラックバック(0)

 

紙、電子部品、布、木片等を活用した、エコな額です。先日松本を訪ねて下さった、昔ながらの額縁屋さん

を、瞬間思いだして、写真を撮りました。旅先なのでコンデジで判り難いですが、紙が一番素敵でした。

額

 ソウルの博物館で面白い物を見つけました。   

私達が韓国に行く5日前に、日本の総理が鳩山さんから管さんに交代しました。

1997年、キム・テジュン大統領が就任されてから解放された大統領官邸である青瓦台をはじめ、野外での行事に用いられる庭園「緑地園」(ノッチウォン)を見学しました。そこの展示場で見つけた、各国の首長の写真は、やはりまだ、鳩山さんのままでした。これだけ頻繁に変わるとこういった世界的な展示場でもご迷惑ですよね。とりあえず麻生さんから変えてあったのだから、良しとしなくちゃいけませんね。

日本の首相交代期

今日は、デザインカフェの富田さん に来ていただいてMTに関する指導を、受けました。忘れないうちに復習して作業を勧めます。週明け、22日までにスティックラスクを公開し、夢ラスクも公募します。頑張れ自分、頑張れ日本。ワールドカップを一緒に闘うようなつもりでおります。

皆様良い週末をお過ごしください。

国産材料を使ったこだわりのパン ティンカーベル

地域の特産品を活用したグルメ通販  簡単 便利な グルメスタイル

ラスク専門店 ティンカーベル

日本のパンはおいしい

| コメント(32) | トラックバック(0)

  「日本のパンは美味しい」と思います。ヨーロッパのパンと比べても遜色ありません。

ソウルを案内してくださった方もそうおっしゃっていました。韓国でガーリックラスを見つけて早速買い求めました。甘い!しけてる!食べられなくは無い。ところ変われば品変わる。昨日から引き続きソウルを紹介します。

韓国は徴兵制があります。多くの方は大学の2年から休学して2年くらい兵役に従事するそうです。その間はほぼ無給に近い状況です。

その格安な人件費によって支えられていると言ったらしかられそうですが、美しく華麗で勇壮な王宮守門将交代儀式には、兵役中の方々も多く従事なさっていると聞きました。

王宮守門将交代儀式

格式高い宮中文化を再現したソウルを代表する伝統行事
朝鮮時代の王宮には、王宮門の開閉や警備を担う「守門軍(スムングン)」という軍隊がいました。この守門軍の交代儀式を、専門家による歴史考証を通じて再現したのが「王宮守門将交代儀式」です。古宮・徳寿宮(トクスグン)と景福宮(キョンボックン)で1996年より行われている。

 

他の国でもこれに似た儀式を見ましたが、これほど華麗なものではありませんでした。イギリスがまた違った格調ある様子らしいですが、残念ながら私は見たことがありません。

 

世界各地の今に詳しい方々もご一緒でしたので、様々なお話を聞かせていただき、再び旅立ちたい思いが膨らみました。

ローラースケートのおまわりさん

大統領がお住まいの場所が近年公開されました。その近辺を警護するポリスはローラースケートはいてて、気軽に記念撮影に応じてくれました。ちなみに私はローラースケートははいてません。

明日も韓国編です。お付き合いください。

ワールドカップでオランダに勝利して沸きかえっていると予想される来週、夢ラスク企画を発表させていただきますね。

 

国産材料を使ったこだわりのパン ティンカーベル

地域の特産品を活用したグルメ通販  簡単 便利な グルメスタイル

ラスク専門店 ティンカーベル

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Powered by Movable Type 4.23-ja