ティンカーベルたまごパン工場

| コメント(0)

新社屋に機械が届きました。先ずはトンネルオーブンです。新品の黄色のオーブン中をコトコトとたまごパンが列をなして通過して焼けて行く計画です。これから数日試運転して調整します。

koni001.jpg

その後、自社で設計から開発まで携わった自動包装機がステージの様なトラックで到着。あいにくの冷たい雨で華やかなお出迎えは適いませんでした。想像以上に大きなロボットでしかもデリケート。運び込むだけで大変な作業でした。

koni003.jpgこのロボット名前はコニーちゃんです。人の様な体は成していませんがアームが数人の手同様に俊敏に動いてくれる設計です。

弊社ではそんなロボット達に名前を付けています。と言っても今はピエール君がいるだけ。ようこそようこそコニーちゃん。

各マシンを作り上げ設置してくださった方々の機敏な動きに感動しました。ありがとうございます。総てが上手く連動して工場が動き出すまで緊張の日々が続きます。

ティンカーベル新社屋竣工式無事終わりました

| コメント(0)

竣工日 2021年11月30日 

場所  安曇野市豊科高家5107-1

工事概要  工場(一部店舗) S造平屋建て 延べ床面積1064.7㎡

有限会社ティンカーベル新社屋新築工事が竣工いたしました。

2019年12月に用地の紹介があったのがはじまりでした。用地交渉から施工まで松本土建株式会社様にお世話になり、ようやく完成しました。

コロナが沈静化している時期とは言え、今までの様な祝い事は避けて限られたお客様にご列席いただき静かに神事、式典を行わせていただきました。

皆様ありがとうございました。気が付けば私は本日1枚も写真を撮っていませんでしたので後日改めて画像付きでご報告します。

息つく間もなく、明日から機械の搬入設置テストが始まります。

ティンカーベル新社屋もうすぐ竣工です

| コメント(0)

骨組みだけだった今年8月3日の画像です。今年4月から毎月2回は建築の現場打ち合わせ会議に参加して来ました。みっちりと内容の濃い現場打ちあわせ終了後、将来を見据えて何思う?弊社課長。

新社屋何思う8月3日 (2).jpg

詳細を記録するつもりで画像は残していますが、、、振り返れば月1回程度しかブログ書けていませんでした。一気に進んで、壁が付き内部工事へ。

地下は下水のみで天井に上水、電気、ガス、通信総て入る設計なので天井が配管ラッシュです。

20210902.jpg

近隣の皆様のご理解、松本土建様はじめ建築工事関係者の皆様のおかげで予定通り11月末竣工に至る事となりました。ありがとうございます。コロナから派生する半導体不足等が引き金となり建築資材も品薄状態でしたが業者の皆様のご尽力のおかげで大過なく出来上がります。陰でのご尽力に感謝するばかりです。

ここから見える空と山の青の美しさに感動します。それに抗って弊社イメージカラーの紅を配するのは景観を壊すようで躊躇しました。時代も、弊社の立ち位置も変わったのでそれに合ったイメージカラーに変更する決断に至りました。2022年1月より弊社のイメージカラーを「紺青(こんじょう)」とします。温かみと深みのある青です。

ロゴマークやテントに空の色や雲が映り込み色が変化する様が楽しいです。

IMG_3086.jpg表はスッキリしていますが、北側には大きなフードがみっしり着きました。

IMG_3090.jpg11月末の竣工後からは、いよいよ機械の搬入設置が始まります。機械設計から手掛けた包装ロボット達が円滑に動くまで年内いっぱい試運転を重ね、2022年1月上旬には本格稼働予定です。店舗は2022年1月下旬に開店予定ですが、自信作を完璧にし、皆がオペレーションに慣れてから販売開始したいと思っております。よろしくお願いいたします。

高瀬渓谷紅葉を訪ねてー後編

| コメント(0)

コロナ下で長野県内探訪する中で豊かな環境に住んでいるのを改めて実感しています。

七倉ダムまでご紹介した続きです。近辺はわずかに樹木が色づく程度でしたのでさらに山を登ってみようとドライブを続けることにしました。

長いトンネルの途中に七倉ダムの頂上入り口と思しき場所がありましたが、高齢者と幼児を伴っていたので今回は避けて、さらに進むと広い駐車場になにやら車が沢山で満車状態。登山道の入り口でこの先は一般車は入れないと知りました。

その場で情報を収集すると、そこは高瀬ダムや近隣の山々への入山口で高瀬ダム及びそこに続く道は東京電力が所有しており、特別許可を得ているタクシー会社のみが運航でき、ダムの壁面に設けられた道路を通行してダムのてっぺんに行けるとのことでした。コロナ下の今は市がタクシー代金片道分補助してくれる嬉しいチケットもそこで頂きました。タクシーの運行は今年は11月7日までとあとわずか。それ以降は雪に閉ざされてしまうのでしょう。皆でダウンを着込みタクシーに乗車しました。運転者さんにここから先が日本一なのだと言われ、何が?

IMG_3015.jpg

着いた先、実はこちらが日本一のロックフィルダム(中央土質遮水壁型ダム)高瀬ダムでした。

残念ながら紅葉には1週間早かったのですが、タクシーを降りた場所は絶景でした。ダム湖の淵となる道をずっと歩き20分ほど散策しました。快晴でこの時期にしたらポカポカ陽気でしたが、吹き付ける冷たい風に涙目でマスクが防寒具として必須状態。耐え切れず帰りのタクシーを待つ列に並んで戻りました。

1週間後に一斉に紅葉してそのすぐ後には雪で白く埋め尽くされる渓谷でしょう。次の写真山と山の稜線中央の小さな小さな突起物が槍ヶ岳だそうです。

takaseD

IMG_3001.jpgIMG_3006.jpg

高瀬渓谷紅葉を訪ねてー前編

| コメント(0)

 今年は秋口も暑くて急に冷え込んだものの未だ紅葉には早いと思いつつ、雲一つない快晴の週末に出かけない手は無いと地元再発見に出かけました。紅葉を求めて北へ!10月23日の9時でした。地元だから朝もゆっくり出発。

松本を出発して40分程で大町温泉郷の入り口へ、そこから西の山目指してドライブを続けること15分位。木々の紅葉には未だ早い物の所々満天星つつじが紅色も鮮やかに葉を染めており捜し出しては皆で「あそこ綺麗ね!」と楽しみました。山道の途中の開けた駐車場に車を止め、案内人のKさんに従って数メートル歩くと、エメラルドグリーンの水を満々と2021kouyo01

貯めた龍神湖が見え、感激。

湖面にさざ波が立ち光が当たるとまるで龍が泳いだ軌跡のように見えました。

説明等無くても龍神湖の名の由来が分かります。

石灰層と硫黄が相まってこの様なエメラルドグリーンの水になるとか、、、

「この先に石積みのダムがあって、その横を階段で登れて風情があるの。」とのKさんの案内

石積みのダム?農業用の小さなダム?などと想像しつつ再び車に乗って山道を上がると

IMG_2996.jpg

とんでもないスケールにびっくりしました。地元なのに今までこのダムの存在を知らなったのが不思議。Kさんが懸命に連れてこようとしてくれた理由がよーくわかりました。こんな光景が2段続きます。道に豆粒の様な1歳児としゃがむ母と石積みの対比分かって頂けますでしょうか。ロックフィルダムの横に天空への階段があり、多くの方が登って行かれます。

nanakurasutepus.jpgヨーロッパではこの様な石積みのダム(ロックフィルダム)は多いそうです。ダム湖を掘った際に採掘した石を積み上げていく工法で日本では希少で、この七倉ダムは日本2位のスケールだと後で知りました。

予備知識もなく出かけた先で感動の嵐がまだまだ続きました。後編で

実は画像処理が上手くいかずブログアップにてこずっています。気を持たせてごめんなさい。

2021年ハロウィンたまごパン

| コメント(0)

今年のハロウィンは皆様どの様の楽しんでらっしゃるでしょうか。

仮装して集うのはコロナ下では未だ不安要素が大きいので、家で子供達とお菓子を楽しむ方が多いのかもしれません。

毎年ハロウィンのたまごパンを企画して限定数販売しています。今年は紫芋とスイートポテト味。ハロウィンカラーのたまごパンです。

お陰様で今年も売れ行き好調です。今までとは形は違ってもイベントを楽しんで時々の思い出を残したい気持ちは皆様同じだと感じます。

2021halloween.jpg

大好きなたまごパンを見つめる1歳半の彼女は、焼かずにもちもち食感を味わうのが好みですが、オーブントースター等で軽く焼いてほくほく焼きいも感を味わっていただくのもお勧めです。

朝日新聞夕刊の読者プレゼントにティンカーベルのたまごパン新作セットが掲載されています。

朝日マリオン・コムの掲載URLは以下となります。

 ⇒https://www.asahi-mullion.com/presents/detail/11180

毎回魅力的な品が紹介されるのでご興味ある方はご覧ください。競争率も高めと聞きますが楽しさ含め、チャレンジする価値は十分です。

9月16日からたまごパン「焼き栗」が新発売となるに当たり朝日新聞の読者プレゼントに協賛させていただきました。

秋と言えば「栗」。たまごパンでもお客様からのご要望は多く、数年開発して参りました。

美味しい栗も栗ペーストも市場には沢山あります。たまごパンの中に入れて美味しく必要な期間おいしさの保持が可能な栗ペーストを探し求めた結果、イタリア産の栗ペーストが最適でした。ヨーロッパは日本に比べて夏が短く凍える時期が長いです。マルシェで売るアツアツの焼き栗を山盛り洋紙で包んで街頭で食べ歩きして暖を取るそんな習慣が印象に残っていたので、焼き栗の香りと渋皮も加えて味にパンチを足しました。

たまごパンの試作検討会は午後行います。その日はお昼抜きで臨み、1個のたまごパンの6分の1位を試食しますが数が多く終わったときは満腹です。これとこれを個の配合で混ぜたら、、想像していたのとは異なっていたり、偶然の配合が抜きんでて美味しかったり興味深い作業です。そんな繰り返しから生まれた自信作「たまごパン焼き栗」。9月16日から発売開始です。ぜひお試しください。

新社屋工事進捗状況

| コメント(0)

工事現場8月24日.jpg安曇野市豊科高家5107-1に建築中のティンカーベル新社屋の最近です。暑さ厳しい日々の後には大雨の日々。現場に携わる皆様のご苦労には感謝するばかりでした。お陰様で上棟も無事終わりました。

工事店舗入り口8月24日.jpg出入り口は主要3箇所です。お客様用の店舗入り口、材料の入荷、製品の出荷の搬出入口、

そしてここが事務所への出入り口と社員通用口です。

ここから中に入ってみます。何度も何度も図面で打ち合わせして来て、建物となった中に入るのは初めてなのでワクワクします。

腰をかがめてそっと入ると、、、

工事進捗中8月24日.jpg工事中8月24日.jpgマシンハッチに排煙窓

たまごパンを作り上げるには沢山の吸気と排気が生じます。工場の空気が1時間に50回入れ替わるそうです。安曇野の空気は格別ですから自信を持てます。

「あちらの窓明かりは、店舗と事務所だね。仕切られたらきっと狭いよね。」などと話しながらこの先に思いを馳せます。

この情景を見られるのも今だけ。床が出来、壁、天井が貼られ、工事は着々と進み、何事もなければ11月末竣工予定です。店舗を開店できるのは来年早々になりそうです。

工事の様子は面白くて一日見ていられますがお邪魔なのでそこそこに。

田んぼアート@安曇野

| コメント(0)

b田んぼアート.jpg7月のある日 炎昼に安曇野の田んぼアートを見にでかけました。

3メートル弱の高さのテラスから数枚の写真を撮るのが精いっぱい。太陽がきつくて、残念ながらゆっくり眺めて楽しむ状況ではありませんでした。

8月10日以降長雨と上空の寒気で涼しい日が続きましたが、8月下旬からまた夏らしい日になっています。田んぼアートは沢山の種類で色の異なる稲を使い分けて絵柄を生み出しているので、どんな天候下でも、日々成長し変化しているはずです。

あれから1か月どの様に姿を変えていることでしょう。


tanboart.jpg

安曇野の今

| コメント(0)

梅雨末期の豪雨災害に見舞われた皆様にはお見舞い申し上げますと共に少しでも早い救助と復興を祈ります。

安曇野の弊社工場建設現場にも不穏な雲が立ち込めていました。お陰様で上下水道の主幹からのつなぎ込み工事も完了しました。工事期間中はご理解ご協力をいただきありがとうございました。

7月10日現場.jpg基礎工事が進み、今月には柱が建つ予定です。

タチアオイ.jpg工事現場にタチアオイが咲いています。周辺の田の畔のそこかしこにタチアオイが黄色、ピンク、白、赤、濃い紫多彩な花を咲かせています。

タチアオイの花が咲く位置がかなり上の方になっていますので、梅雨明けも間近ですね。

タチアオイは梅雨の始まりに下の方から咲き始め、梅雨の終わりころ上に到達すると言われる梅雨空の下で涼やかに咲いてくれる花です。

工事現場の方に花を残して欲しいとお願いするのも無理かと思い、お伝えしてないのですがそこかしこに意図したように残してくれてあります。優しい配慮に感謝。

パンとラスクとスイーツのティンカーベル

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

パンとラスクとスイーツのティンカーベルオンラインショップ

おこげ本舗

ラスク専門店 ラスク&Rusk&らすく

リンク集

Powered by Movable Type 5.2