GINZA 12月号で猫キャラ製作させていただきました

| コメント(1)

11月12日発売のマガジンハウス刊 GINZA 祝222号は 222=ニャー、ニャー、ニャーで ネコとインテリア特集

ということでginza.JPG

「あの有名ネコが、フードアートになりました!!』 83ページ

弊社がニャンまげ 「江戸ワンダーランド日光江戸村の公式キャラクターでゆるキャラのはしり。ニャンまげなしに今のゆるキャラブームは起きなかった、、、かも?」 を

マガジンハウスさんからご指名に預かり製作させていただきました。

8月末までは繁忙期の為、商品企画開発休止しておりました、9月、10月でまとめて行おうと決め、9月になり解禁したところ予想を遥かに凌駕して、ご依頼いただき嬉しいけれど製造本番の11月がどんどん迫ってくる~と追い込まれているさなか、ライターさんから「ティンカーベルさんにぜひとも加わっていただかないとならない企画なんです」とお電話頂き、「そんな~、、、そうですか。でも、藤森が手一杯で、、うーん、ティンカーベルでなくちゃって言われると弱くて、、、」

お受けしちゃいました。

とは言っても私は構想を練るだけ、作るのは弊社の努力する天才 Mamoru Fuzimori

「エーッツ。きついっすね。」と言いつつ日常の仕事を終えてから、深夜に数日かけて作りこんでくれました。

にゃんまげ.JPG画像は 試作2回目のものです。

「顔が丸過ぎるから、もう少し縦長にして下さい。他何だかんだ」と私が駄目だし

結果の完成作品は まさに フードアートでした。

発酵するから可愛くて、発酵するから不安定で粘土のように形作れるものでは無いパンをよくまあ自在に使いこなすものだと感服。Mamoru Fuzimori 恐るべしです。

出来あがった作品は雑誌83ページにてご覧下さい。

「作者 ティンカーベル 長野県を拠点としたパン屋さん。かわいらしいキャラクターパンからラスク、焼き菓子まで取り扱う。全国発送も可能!」と紹介して頂きました。

こんなパンは日本ならではですよね。雑誌GINZAで紹介されている他のフードアートネコちゃんたち

どれも、これも 「すごい!」領域でした。ライターさんのご尽力にも感謝しております。ありがとうございます。

またまた、掲載誌いっぱい買い込みほくそ笑んでおります。

コメント(1)

こんにちは!

可愛い!の一言に尽きます。
生地が発酵するので膨らんだ時をイメージして作られてるんですよね?
もうこれは芸術の世界ですね。すごいです!

コメントする

パンとラスクとスイーツのティンカーベル

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

パンとラスクとスイーツのティンカーベルオンラインショップ

おこげ本舗

ラスク専門店 ラスク&Rusk&らすく

リンク集

Powered by Movable Type 5.2