2018年4月アーカイブ

御園座 歌舞伎パン

| コメント(1)

装いも新たに5年ぶりに名古屋市の御園座が開場しました。「柿葺落四月大歌舞伎」が絶賛上演中。

「こけらおとし」って「柿葺落」文脈で読めても書くことは出来ません。皆様はいかがでしょう。

松本幸四郎 改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎 改め 十代目 松本幸四郎   襲名披露 なんとも目出度いことです

そこで、只今大人気なのがIMG_1566.jpg

ティンカーベルの 歌舞伎パン。御園座小町で販売していただいてます

納品した270個があとわずかしかない画像は販売からわずか3時間

この後瞬く間に完売だったそうです。すごい!大入り満員で活況

おかげさまで めでたいにあやかって

おりますっ~る~  

今年は松本市でも大歌舞伎開場します。歌舞伎に詳しくない私でもわかりやすく楽しめるように仕立ててあり、今から楽しみです。

この歌舞伎者を造形した歌舞伎パンは弊社技術部長 藤森 守の手作りです。製造数に限界があり精魂込めておりますので完売は何よりうれしいです。ありがとうございます。

林明子さん 原画展のグッズ

| コメント(1)

はじめてのおつかい"、"こんとあき"、そして"ひよこさん"まで

 仙台市にある宮城県美術館にて、絵本作家 林明子さんの原画展が2018年4月7日から5月27日まで開催されています。

 「林明子さんは、初めて物語絵本『はじめてのおつかい』の絵を手掛けて以来40年以上にわたり、絵本作家として数々の作品を生み出してきました。子どもたちのあどけない仕草や心の揺らぎを写し取るその優しく繊細な作品は、多くの子どもそして大人たちを惹きつけ、今日まで広く愛されています。」宮城県美術館広報より

林明子さんが描き出す懐かしくて優しい世界の中でも代表的な『はじめてのおつかい』

そのグッズ製造に関わらせていただきました。パッケージは林明子さんの特別な描き下ろし。林明子さんが弊社のミルクラスクが好物で発案してくださり、OEM製造のご依頼をいただきました。かわいいパッケージの中には弊社のミルクラスクが入っています。

はじめてのおつかい.JPG

これまで林明子さん原画展が日本各地で催されどこも大盛況。ミルクラスクも製造が追いつかない程の人気でした。このパッケージには『はじめてのおつかい』ファンは魅了されます。

税込750円で宮城県美術館にてお求めいただけます。

絵本とミルクラスクを並べて撮影するこのスタイル。やりたくなるのは私だけではありませんでした。

2018年4月3日のずくだせテレビでティンカーベルを紹介してくださいました。

放送の最後、スタジオの皆様もたまごパンを召し上がってくださいました。

「ぜひぜひ焼いて召し上がってみてください」と思わずテレビに話しかけてしまいました。たまごパンの種類が12種類以上は常にあるのをスタジオの皆さんご存知ないとおっしゃっていたので、今後の情報発信に意欲を燃やしております。

昨日はテレビ放映後高速道路で1時間以上かけて遠方よりご来訪いただいたお客様もあり、感謝に堪えません。ありがとうございます。

小さな店ですのでお客様と親しくお話しさせていただけます。

多くのお客様が、「お花見に持って行きたいんだけど、今年はあまりに早く桜が満開になっちゃってこの週末には散っちゃうかもしれないのが心配。」とおっしゃっていたそうです。

日本中いたるところ桜前線例年になく早いですよね。桜祭りの準備が間に合わない、お花見ツアーが実施できないなどの悲鳴をよそに安曇野も一気に満開です。

IMG_4118.JPG

話は戻ります。ティンカーベルのたまごパンは1日86000個以上売れているとずくだせテレビでも紹介してくださいました。

たまごパン部門では日本一ですが、冷静に分析すれば1日10万個程度売れている物は世に多々あると思います。

それでも地方の小さな会社にとっては大きな大きな数字です。伸びてゆく製造個数がうれしくて、日々カウントし、発信したら話題になりました。

製造量を増やしてゆくのは案外楽なことでは無く、自分達を信じる勇気と決断を求められたこともありました。

良質なたまごをたっぷり入れて、タイミングよくふわふわにしてゆく工程を守り、大切な味の維持に努めてきました。いつまでも「ティンカーベルのたまごパン大好き」と言って頂けるように今後もがんばります。頑張ってきてよかったねと皆で語り合えるのはありがたいことだと心から思える春の日です。

放映を観て、石井アナが弊社に着いたときは既にパンを沢山召し上がった後だったと気が付きました。そんなことはみじんも感じさせない笑顔とお話でした。素敵です。ずくだせテレビ様 ご来訪、ご紹介ありがとうございました。

富士登山の疑似体験

| コメント(2)

、3月のある晴れた日、女子会で焼津に集合し、静岡を楽しんできました。なぜか弊社オンラインショップをご利用いただくお客様の1位は静岡県在住の方です。海が無く、冬が長い長野県に住むと2,3月はお隣の県、静岡に旅したくなります。

今回、東京方面から女子会に来てくれた中で一番の若手です。歩き始めて間もないのに、一緒に富士登山しました。

IMG_0692.JPGとはいっても疑似体験。富士宮市にできた富士世界遺産センターに行ってきました。富士山本宮浅間大社の赤い大きな鳥居に隣接して建つ印象的な建物です。

富士世界遺産センターの回廊に映し出されるタイムラプスの映像を見ながら全長193mのらせんスロープを1歩1歩上ることで、静岡県の特色である海からの富士登山を疑似体験できます

たどり着いた屋上

私たちにとっては平らにしか感じないセメントの黒いコーキングが歩き始めたばかりの彼女にはまるで大きなクラックなのでしょう。超えて行けるかどうか躊躇している姿です。生きる感動ですよね。

この巨大クラックを超えて

富士世界遺産センターの屋上から見えたものは

IMG_0690.JPG快晴の空、神々しいばかりの富士山の姿でした。

海産物に美味しいお菓子も静岡の魅力です。こんなに美味しいものがいっぱいあるのにティンカーベル製品をオンライン購入いただき、静岡の皆様ありがとうございます。富士山を眺めながら感謝しました。