生イースト、ドライイースト、インスタントドライースト

| コメント(0) | トラックバック(0)

イーストは、酸素が十分にある環境では細胞分裂を行って増え、酸素が無くなるとアルコール発酵を始めて、炭酸ガスとアルコールを発生させます。

パンに使われるイーストには、生イースト、ドライイーストがあり、昨今インスタントドライイーストも普及しています。日本の生イーストは分散性がとっても良いので海外でも高い評価を得ています。

砂糖の有無、冷蔵用、冷凍用、パンの種類などによってイーストは量も種類も使い分けます。

*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*

 松本、安曇野、東京山王から喜ばれる贈り物パン、ラスク、スイーツをお届けします。

美味しく食べてしあわせになれるパンがいっぱい ティンカーベルをご覧ください。→

<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*<*

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tincarbell.com/blog/mt-tb.cgi/41

コメントする

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Powered by Movable Type 4.23-ja