高瀬渓谷紅葉を訪ねてー前編

| コメント(0)

 今年は秋口も暑くて急に冷え込んだものの未だ紅葉には早いと思いつつ、雲一つない快晴の週末に出かけない手は無いと地元再発見に出かけました。紅葉を求めて北へ!10月23日の9時でした。地元だから朝もゆっくり出発。

松本を出発して40分程で大町温泉郷の入り口へ、そこから西の山目指してドライブを続けること15分位。木々の紅葉には未だ早い物の所々満天星つつじが紅色も鮮やかに葉を染めており捜し出しては皆で「あそこ綺麗ね!」と楽しみました。山道の途中の開けた駐車場に車を止め、案内人のKさんに従って数メートル歩くと、エメラルドグリーンの水を満々と2021kouyo01

貯めた龍神湖が見え、感激。

湖面にさざ波が立ち光が当たるとまるで龍が泳いだ軌跡のように見えました。

説明等無くても龍神湖の名の由来が分かります。

石灰層と硫黄が相まってこの様なエメラルドグリーンの水になるとか、、、

「この先に石積みのダムがあって、その横を階段で登れて風情があるの。」とのKさんの案内

石積みのダム?農業用の小さなダム?などと想像しつつ再び車に乗って山道を上がると

IMG_2996.jpg

とんでもないスケールにびっくりしました。地元なのに今までこのダムの存在を知らなったのが不思議。Kさんが懸命に連れてこようとしてくれた理由がよーくわかりました。こんな光景が2段続きます。道に豆粒の様な1歳児としゃがむ母と石積みの対比分かって頂けますでしょうか。ロックフィルダムの横に天空への階段があり、多くの方が登って行かれます。

nanakurasutepus.jpgヨーロッパではこの様な石積みのダム(ロックフィルダム)は多いそうです。ダム湖を掘った際に採掘した石を積み上げていく工法で日本では希少で、この七倉ダムは日本2位のスケールだと後で知りました。

予備知識もなく出かけた先で感動の嵐がまだまだ続きました。後編で

実は画像処理が上手くいかずブログアップにてこずっています。気を持たせてごめんなさい。

コメントする

パンとラスクとスイーツのティンカーベル

2021年11月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

パンとラスクとスイーツのティンカーベルオンラインショップ

おこげ本舗

ラスク専門店 ラスク&Rusk&らすく

リンク集

Powered by Movable Type 5.2